肉割れの症状・原因

肉割れはウエスト、太もも、ふくらはぎなどに発生する白い筋のことで、太い筋が数本のみ出る人もいれば、細い筋がたくさん入るような人もいて、筋は縦に入る人もいれば横に入る人もいます。見た目は痛々しいのですが、筋が入る前や入ったあとに痛みを感じるようなことはありません。ただし、かゆみを感じることはあります。肉割れは皮膚の深いところに位置する真皮が避け、その損傷が傷跡になることで表面化します。色に関しては、白い筋になっているころにはだいぶ進行しており、解消するのが難しくなっている状態で、初期の頃は赤みがかっている筋で、次には赤紫色になる人が多いです。

なぜこのようなことが皮膚のなかで起こるのかといいますと、妊娠した際、急激に体重が増量した際、皮膚が伸びて真皮が裂けてしまうことや、ふくらはぎに生じる肉割れの場合には、急激に筋肉が鍛錬された場合に真皮が引っ張られて裂けることがありますし、外反母趾、扁平足、浮き指などの問題で肉割れが発生してしまうこともあります。なお、よくダイエットをすることが肉割れの原因になるといわれますが、これは誤りです。症状が表面化してしまうのがダイエット後になることが多いためこのように思われがちなのですが、前述したように、肉割れは太ることで真皮が伸びて裂けることにより起こります。

肉割れの症状や原因に関しては以上ですが、別のページでは肉割れの予防法や治療法に関する情報を提供しています。肉割れと無縁の生活を送りたい人、いまある肉割れをどうにかしたい人にとって有益な情報ですので、ぜひご覧になってください。